カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
新しく書いた笑遊館日記
いただいたコメントです。
笑遊館関連リンク
テーマ別のキーワード
笑遊館日記の書庫
MOBILE
qrcode
管理人のプロフィール
OTHERS
 
えどさき笑遊館は、茨城県稲敷市、江戸崎商店街のお店の情報や、
まちなかの話題等の情報発信基地です。
こちらのブログでは、まちなかのできごと等をお伝え致します。
江戸崎まちなか「豆まき巡り」
0

    今日は節分。

    江戸崎まちなかでは、恒例の豆まき巡りにちなんで
    様々なイベントが行なわれます。

    みんなで豆まきをして鬼退治!!
    今年一年の無病息災を祈りましょう。

    ■イベントのお知らせ■

    【笑遊館】
    ◎福餅まき みなさまのもとに福がやってくることをご祈願致します。
    (午後4時より・駐車場にて)

    ◎「福餅まき」にて「当り」が出ると、「開運升(ます)」がもらえます。

    ◎福豆と豆まきマップの配布など:午後5時頃から〜


    ◎「江戸崎囃子連」のお囃子の演奏

    東郷菓子舗前
    ◎「甘酒」の無料配布:午後5時頃から〜
    さむい道中はあたたかい甘酒をどうそ。
    水ようかんも販売しております。

    【青木菓子店前】
    ◎餅つき〜「お汁粉」を無料配布:午後5時頃から〜
    水ようかんも販売しております。

    【金比羅堂】
    ◎根宿町の皆さんによる「豚汁」のふるまい午後5時頃から〜
    ◎赤鬼、青鬼 鬼退治


    【不動院】
    ◎不動院山門にて「福市」を開催
    ◎毎年大好評!!大包寿司さん、利根川屋さん、特製の「恵方巻き」の販売。
    ◎「雅会」のお囃子の演奏
    午後5時頃から〜

    【鹿島神社】
    ◎ライトアップ

    (※時間や内容など変更になる場合があります)





    より大きな地図で えどさきまちなか豆まき巡り を表示
    | まちなかの風景・できごと | 08:55 | comments(0) | - | - | - |
    御奉社(おぶしゃ)について
    0

       今日から2月。

      節分も近くなり、いよいよ季節の節目ですね。
      江戸崎まちなかでは、1月の下旬から2月初旬にかけて
      各町内にて「御奉社」(おぶしゃ)の儀が行なわれます。
      茨城県内各地でも行なわれているところが多いようですが、
      「おびしゃ」「おぴしゃ」「おぶしゃ」と様々な言われ方を
      されています。
      そもそも「御奉社」とは、地域の寺社の正月のお祭りで、
      他にも「御奉射」という言い方もあるそうです。
      「射る」という文字が入るのは、神社の地元の氏子(うじこ)
      の代表の氏子総代さんが境内にて弓を射り、その命中度で今年
      の吉凶や農作物の出来を占うというものだそうです。
      えどさき笑遊館の地元の戸張町では、町内の世話人(せわにん)
      や役員の方々が地元の鹿島神社にてご祈祷を受け、地元町内
      の三峰神社にて参拝を行います。
      参拝が終わった後は、各町内にて宴会を催し親睦をはかります。

       
      【戸張(上町)の氏神】
      参拝以外にもうひとつ、「氏神」を預かる儀もあります。
      町内にて各家持ち回りでその年の当番の家が「氏神」
      を預かり、その当番の家がその年の「宿」となります。
      その昔は、氏神の当番の宿の方の家で「御奉社」の準備や宴会を
      行なったところもあったようですが、現在は簡素化されて
      集会所やお店にて宴会を行っています。
      【遊山講(ゆさんこう)】
      御奉社(おぶしゃ)と同じように地域に伝わる「集まり」の名称です。
      主に奥様方が集まってお茶会をするいわゆる「女子会」のような
      会ですが、子供達が集まってレクレーションをしたり夕食会を
      したりする「ゆさんこ」と言われるものも戸張町では行なわれていました。
      | まちなかの風景・できごと | 10:59 | comments(0) | - | - | - |
      稲敷市 ご当地噺「稲妻雷五郎伝・三遊亭圓窓」開催
      0
         江戸時代後期に活躍した、稲敷市阿波崎出身の
        「第7代横綱・稲妻雷五郎」にまつわる落語ができました。

        噺(はなし)を書いたのは、ここ江戸崎でもお馴染みの
        三遊亭圓窓さんです。
        江戸崎にて活躍中の落語研究会「有難亭一門」のご指導も
        されています。

        創作された落語の名は「指相撲」。

        貧乏な農家に生まれた稲妻雷五郎が、「相撲取りになって
        親孝行したい」と近くの仁王尊に願掛けをすると、仁王の
        指が抜け雷五郎のもとへ。この指をお守りに江戸に上がり
        相撲部屋へ入門、好成績で横綱へ昇進しみごと親孝行を果
        たしたという物語。

        稲妻雷五郎の当時の錦絵(稲敷市立歴史民俗資料館)

        三遊亭圓窓 師匠


        稲敷市が「稲妻雷五郎」の出身地と知り、昨年創作に及び、
        完成いたしました。
        下記日程にて初口演記念のご披露落語会を開催致します。

        皆様是非ともお誘い合わせの上、ご来場下さい。


        御当地噺 初口演記念
        七代目横綱 稲妻雷五郎・三遊亭圓窓

        平成25年2月9日(土曜日)ひる2時開演(開場1時半)
        於:あづま生涯学習センターホール
        住所:稲敷市佐原組新田1596
        電話:0299(79)0053

        入場無料
        ※ご来場のお客様にミルキークイーンプレゼント!!
         (先着150名様)


        【プログラム】 司会 梅八

        一、有難亭 真仮名(小見川)
        一、有難亭 南夢明(神栖市)
        一、有難亭 梅八 (稲敷市)

        中入り

        一、三遊亭 圓窓 「指相撲」



        【お問い合わせ先】
        稲敷市役所企画課 029(892)2000
        JA稲敷東部経済センター 0299(78)2141


        【主催】あづま米産地づくり推進協議会
        【共催】有難亭一門(江戸崎落語研究会)
        【後援】稲敷市 チームいなしき


        | まちなかの風景・できごと | 14:33 | comments(0) | - | - | - |
        金比羅堂の上棟式
        0
           昨年の東日本大震災により被災した金比羅堂。

          今年の夏から行なわれていました改修工事ですが、
          着々と進んでいるようです。

          平成12年10月29日、金比羅堂の上棟式が行われました。

          今回新築される拝殿部分。大きく広く生まれ変わります。

          瑞祥院、檀家の役員さんと工事に携わる職人のみなさん。

          引き続き、拝殿の工事が行なわれます。

          こちらは「本殿」です。瑞祥院の境内に安置されており、修復後に
          拝殿の後方に設置されるそうです。

          江戸崎まちなかの歴史的な建造物のシンボルでもある「金比羅堂」が
          どのように生まれ変わるのか楽しみですね。

          ●瑞祥院と金比羅神社について




          | まちなかの風景・できごと | 16:27 | comments(0) | - | - | - |
          江戸崎祇園祭
          0
             ここ江戸崎の地に400年も続いてる「江戸崎祇園祭」
            今年も盛大に行われています。


            本日22日は最終日です。是非お出かけ下さいね!!

            【江戸崎祇園祭】



            | まちなかの風景・できごと | 08:12 | comments(0) | - | - | - |
            金比羅堂の改修工事
            0
               昨年3月の大震災により、石灯籠や階段などの損傷が
              激しかった「金比羅堂」の改修工事が始まりました。

              以前の高さより約3メートル程削られました。
              本殿、及び拝殿が新築されます。

              木々の枝も一時的にカットされ大幅な改修がされています。

              山の斜面の保全工事は茨城県が行うそうです。


              裏手の羅漢山へと続く道は、江戸崎城の土塁の跡です。

              改修工事の完成予定は。平成24年の9月頃の予定だそうです。

              ●瑞祥院と金比羅神社について



              | まちなかの風景・できごと | 10:53 | comments(0) | - | - | - |
              田宿町〜山車新造の披露
              0
                 約400年もの歴史が引き継がれる江戸崎の祇園祭。

                毎年、江戸崎まちなかで8基の山車が繰り出し賑わっています。

                今年は「田宿町」の山車が数十年ぶりに新造され、そのお披露目の
                町内巡行が行われました。


                今日は天気にも恵まれ、若衆さんを中心とした皆さんが山車につき、
                地元町内を練り歩きました。




                山車の形はその地域によって様々。
                近隣では、佐原系の大人形をしつらえた屋台が有名ですが、江戸崎のそれは
                上部の舞台が芸座の演奏に合わせて回転するという、独特で珍しいものです。


                山車の装飾や色など、それぞれの町内によって微妙に違うところも
                見どころです。



                山車を運行する若衆や、祭り一切を取り仕切る世話人の方、そして
                お囃子を演奏する芸座連の皆さんまで、すべて町内の人々です。


                今日は、新しくなった「かぼちゃ公園」まで巡りました。

                日曜日ということもあり、近隣から来られた方々にはすごいサプライズ
                イベントになりました。


                そんなわけで、今年も「江戸崎祇園祭」が盛大に行わる予定です。
                開催日は、7月20日(金)21日(土)22日(日)の3日間です。

                みなさんお楽しみに。

























                | まちなかの風景・できごと | 18:21 | comments(0) | - | - | - |
                羅漢山の春の月
                0
                   2012年5月5日は、スーパームーン現象が見れると言う事で
                  夕方空を見上げたら、ちょうど羅漢山の上空に見事な満月が上っていました。


                  スーパームーン現象とは・・
                  月が満月をむかえるタイミングと、地球との距離が年間で
                  最も近くなるタイミングが重なる現象だそうです。




                  | まちなかの風景・できごと | 08:17 | comments(0) | - | - | - |
                  神社巡って福を呼ぶ
                  0
                     昨日は節分。
                    今年は、例年にない大寒波の影響で、大変寒い節分の夜
                    となりましたが、江戸崎のまちなかは例年通り、豆まき巡りの
                    かけ声で賑わいました。


                    今年は笑遊館が改装中のため、本宿商店会館にて
                    福豆のふるまいを行いました。

                    町外からも多数の参拝客の皆様にお越しいただき
                    ありがとうございました。

                    開運マスと木札の配布にも、早くからお待ち頂いた方も
                    いらっしゃったので早めに終了となりました・・。
                    手に入れられなかった方は本当にゴメンナサイ・・。




                    【根宿町の金比羅堂】

                    町の中心部の羅漢山にひっそりとたたずむ金比羅堂も
                    ひときわ賑わっていました。


                    根宿町の若衆のみなさん扮する赤鬼・青鬼も
                    大盛況。
                    お疲れさまでした(^^)


                    節分も終わり、今日は立春。

                    早く暖かくなればいいなあと、春に向けて思いを馳せています。
                    水ようかんを食べながら(^^)




                    2月4日の茨城新聞に、豆まき巡りの様子が掲載されました。
                    タイトルを引用させていただきました(^^)














                    | まちなかの風景・できごと | 11:39 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事
                    江戸崎まちなか「豆まき巡り」
                    0

                       
                      明日はいよいよ節分ですね。

                      江戸崎商店街周辺では、節分の日は夕方になると、近所の寺社を巡って
                      豆まきをして、最後に「水ようかん」を買って食べる風習が昔から続いています。



                      節分の夜は、江戸崎まちなかで「豆まき巡り」を体験しよう!





                      より大きな地図で えどさきまちなか豆まき巡り を表示
                      | まちなかの風景・できごと | 18:46 | comments(0) | - | - | - |